コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

加賀千代 カガノチヨ

5件 の用語解説(加賀千代の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かが‐の‐ちよ【加賀千代】

千代女(ちよじょ)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

加賀千代【かがのちよ】

千代女

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

加賀千代 かがの-ちよ

1703-1775 江戸時代中期の俳人。
元禄(げんろく)16年生まれ。加賀(石川県)松任の表具屋の娘。11,12歳のころ北潟屋に奉公し,主人の岸大睡に俳諧(はいかい)をまなんだという。17歳のとき北陸地方巡遊中の各務支考(かがみ-しこう)に見いだされ,一躍,中央の俳壇にも知られる。さらに享保(きょうほう)12年支考の門人仙石廬元坊の来訪をうけ「松任短歌行」をなした。安永4年9月8日死去。73歳。通称は千代女,千代尼。号は素園,草風。
【格言など】月も見てわれはこの世をかしくかな(辞世)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

加賀千代

没年:安永4.9.8(1775.10.2)
生年:元禄16(1703)
江戸中期の俳人。加賀松任(石川県松任市)の表具屋,福増屋六左衛門(一説に六兵衛)の娘。出家して素園とも号した。11,12歳のころ,本吉の北潟屋に奉公。主人,岸弥左衛門(俳号半睡のち大睡)に,俳諧を学ぶ。10歳代でその名は諸国に喧伝され,ことに各務支考,中川乙由との交流を契機に全国の俳人が知るところとなった。「朝顔に釣瓶とられてもらひ水」は,その作として有名。植物の生命にまで愛情をそそぐような,女性らしい着眼点を示す。生前に,『千代尼句集』なども刊行された。<参考文献>中本恕堂編『加賀の千代全集』

(楠元六男)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

かがのちよ【加賀千代】

1703~1775) 江戸中期の女流俳人。加賀国松任まつとうの人。千代女・千代尼とも。剃髪し素園と号す。「朝顔に釣瓶とられてもらひ水」などの句で知られる。著「千代尼句集」「松の声」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

加賀千代の関連キーワード羅城鶏冠東燕志原元傘車樗雲貞佐(1)林泰道里風帒一

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

加賀千代の関連情報