コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

加賀千代 カガノチヨ

百科事典マイペディアの解説

加賀千代【かがのちよ】

千代女

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

加賀千代 かがの-ちよ

1703-1775 江戸時代中期の俳人。
元禄(げんろく)16年生まれ。加賀(石川県)松任の表具屋の娘。11,12歳のころ北潟屋に奉公し,主人の岸大睡に俳諧(はいかい)をまなんだという。17歳のとき北陸地方巡遊中の各務支考(かがみ-しこう)に見いだされ,一躍,中央の俳壇にも知られる。さらに享保(きょうほう)12年支考の門人仙石廬元坊の来訪をうけ「松任短歌行」をなした。安永4年9月8日死去。73歳。通称は千代女,千代尼。号は素園,草風。
【格言など】月も見てわれはこの世をかしくかな(辞世)

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

加賀千代

没年:安永4.9.8(1775.10.2)
生年:元禄16(1703)
江戸中期の俳人。加賀松任(石川県松任市)の表具屋,福増屋六左衛門(一説に六兵衛)の娘。出家して素園とも号した。11,12歳のころ,本吉の北潟屋に奉公。主人,岸弥左衛門(俳号半睡のち大睡)に,俳諧を学ぶ。10歳代でその名は諸国に喧伝され,ことに各務支考,中川乙由との交流を契機に全国の俳人が知るところとなった。「朝顔に釣瓶とられてもらひ水」は,その作として有名。植物の生命にまで愛情をそそぐような,女性らしい着眼点を示す。生前に,『千代尼句集』なども刊行された。<参考文献>中本恕堂編『加賀の千代全集』

(楠元六男)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

かがのちよ【加賀千代】

1703~1775) 江戸中期の女流俳人。加賀国松任まつとうの人。千代女・千代尼とも。剃髪し素園と号す。「朝顔に釣瓶とられてもらひ水」などの句で知られる。著「千代尼句集」「松の声」など。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

加賀千代の関連キーワード富士松 薩摩掾(2代目)富士松薩摩掾(2代)石川県白山市松任〈市〉中本 恕堂飯島珈涼尼中本恕堂中川麦浪飯島珈凉田中其汀浮橋白山

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

加賀千代の関連情報