コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松任 まっとう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

松任
まっとう

石川県南部白山市の最北部を占める旧市域。金沢平野の中央部にあり,北西は日本海に面する。 1954年松任町と石川村,柏野村,笠間村,宮保村,一木村,出城村,御手洗村,旭村,中奥村,林中村の 10村が合体し,1956年郷村の一部,1957年山島村を編入,1970年市制。 2005年美川町,鶴来町,河内村,吉野谷村,鳥越村,尾口村,白峰村と合体して白山市となった。名称は中世からの地名による。手取川の形成した扇状地の大部分を占め,屈指の早場米産地として知られる。中心の旧市街地は,江戸時代は北陸街道宿場町であったが,1898年北陸本線が開通して駅前に新市街地が形成された。鉄道に沿って北陸自動車道,国道8号線が北東の金沢市に通じ,機械,自動車車体,電子機器,繊維,食品などの工場が進出,住宅団地が建設されている。史跡に東大寺領横江荘荘家跡がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

松任

白山市中心部の町。手取川扇状地の中央に位置し、面積は約60平方キロ。同市の人口約11万3千人のうち、約7万人が住む。「松任」の地名は、平安時代の935(承平5)年ごろ、この地域の3集落の合併を進めた国司・松木氏にちなみ、「松木氏に任せる」という意味で「松任町」と名付けられたとの説がある。1970年の市制施行で「松任市」になり、05年2月には近隣の2町5村と合併して白山市が誕生。現在、「松任」の名前を残すのは「JR松任駅」「松任警察署」「松任税務署」「県立松任高校」など。金沢市のベッドタウン化が進み、千代野ニュータウンなど大規模な新興住宅地も出現した。

(2008-04-07 朝日新聞 朝刊 石川全県 1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

デジタル大辞泉の解説

まっとう〔まつたふ〕【松任】

石川県中部にあった市。金沢平野中央に位置する早場米の産地。また、金沢市に隣接し、宅地化が進展。平成17年(2005)に石川郡7町村と合併して白山(はくさん)市となった。→白山

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

松任
まっとう

石川県中央部にあった旧市名(松任市)。現在は白山(はくさん)市の北部を構成する一地域。旧松任市は1970年(昭和45)市制施行。2005年(平成17)石川郡美川(みかわ)町、鶴来(つるぎ)町、河内(かわち)村、吉野谷(よしのだに)村、鳥越(とりごえ)村、尾口(おぐち)村、白峰(しらみね)村と合併し、白山市となる。手取(てどり)川扇状地上にあり、西は日本海に面する。JR北陸本線、国道8号、157号、加賀産業開発道路が通じ、海岸沿いを北陸自動車道が走る。横江には東大寺領横江荘(よこえのしょう)荘家跡(国の史跡)があり、中世には松任城が置かれた。近世になって扇状地の開発が進み水田が開け、北陸街道沿いの町として商工業が発展し、真宗寺院が多数建立された。1878年(明治11)に石川郡役所が置かれ、地方自治、文教の中心をなしてきた。1898年北陸線の開通で、早場米(はやばまい)は松任駅から関西市場へ送られた。1904年(明治37)には金沢市と結ぶ松金(しょうきん)馬車鉄道が開通。手取川の灌漑(かんがい)による早場米地帯であり、機械、食料品、化学工業なども発達する。硬質陶器を産し、採石業も多い。近年金沢市のベッドタウンとして住宅地化も進んでいる。金城大学短期大学部がある。女流俳人加賀の千代女(素園(そえん)尼、千代尼)の生誕地である。[矢ヶ崎孝雄]
『『松任市史 現代編』上下(1981、1983・松任市)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

松任の関連キーワード水泳コーチ殺害事件石川県白山市西新町河内(石川県)鳥越(石川県)美川(石川県)石川県白山市野々市[町]山田 太佐久隅谷 正峯阿閉 吉男山崎 俊雄松任[市]石堂 清倫白山(市)江山 正美白山[市]金沢[市]川北[町]末松廃寺跡太田牛一

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

松任の関連情報