コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松任 まっとう

4件 の用語解説(松任の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

松任
まっとう

石川県南部白山市の最北部を占める旧市域。金沢平野の中央部にあり,北西は日本海に面する。 1954年松任町と石川村,柏野村,笠間村,宮保村,一木村,出城村,御手洗村,旭村,中奥村,林中村の 10村が合体し,1956年郷村の一部,1957年山島村を編入,1970年市制。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

松任

白山市中心部の町。手取川扇状地の中央に位置し、面積は約60平方キロ。同市の人口約11万3千人のうち、約7万人が住む。「松任」の地名は、平安時代の935(承平5)年ごろ、この地域の3集落の合併を進めた国司・松木氏にちなみ、「松木氏に任せる」という意味で「松任町」と名付けられたとの説がある。1970年の市制施行で「松任市」になり、05年2月には近隣の2町5村と合併して白山市が誕生。現在、「松任」の名前を残すのは「JR松任駅」「松任警察署」「松任税務署」「県立松任高校」など。金沢市のベッドタウン化が進み、千代野ニュータウンなど大規模な新興住宅地も出現した。

(2008-04-07 朝日新聞 朝刊 石川全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

まっとう〔まつたふ〕【松任】

石川県中部にあった市。金沢平野中央に位置する早場米の産地。また、金沢市に隣接し、宅地化が進展。平成17年(2005)に石川郡7町村と合併して白山(はくさん)市となった。→白山

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

松任
まっとう

石川県中央部にあった旧市名(松任市)。現在は白山(はくさん)市の北部を構成する一地域。旧松任市は1970年(昭和45)市制施行。2005年(平成17)石川郡美川(みかわ)町、鶴来(つるぎ)町、河内(かわち)村、吉野谷(よしのだに)村、鳥越(とりごえ)村、尾口(おぐち)村、白峰(しらみね)村と合併し、白山市となる。手取(てどり)川扇状地上にあり、西は日本海に面する。JR北陸本線、国道8号、157号、加賀産業開発道路が通じ、海岸沿いを北陸自動車道が走る。横江には東大寺領横江荘(よこえのしょう)荘家跡(国の史跡)があり、中世には松任城が置かれた。近世になって扇状地の開発が進み水田が開け、北陸街道沿いの町として商工業が発展し、真宗寺院が多数建立された。1878年(明治11)に石川郡役所が置かれ、地方自治、文教の中心をなしてきた。1898年北陸線の開通で、早場米(はやばまい)は松任駅から関西市場へ送られた。1904年(明治37)には金沢市と結ぶ松金(しょうきん)馬車鉄道が開通。手取川の灌漑(かんがい)による早場米地帯であり、機械、食料品、化学工業なども発達する。硬質陶器を産し、採石業も多い。近年金沢市のベッドタウンとして住宅地化も進んでいる。金城大学短期大学部がある。女流俳人加賀の千代女(素園(そえん)尼、千代尼)の生誕地である。[矢ヶ崎孝雄]
『『松任市史 現代編』上下(1981、1983・松任市)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

松任の関連キーワード手取川川北[町]辰口[町]鶴来[町]石川県白山市美川南町安倍川扇状地金川扇状地黒部川扇状地白川扇状地手取川扇状地

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

松任の関連情報