コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

五十嵐家 いがらしけ

3件 の用語解説(五十嵐家の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

五十嵐家【いがらしけ】

室町時代より幸阿弥家と並んで将軍家に仕えた蒔絵(まきえ)師の一派。初代信斎は足利義政に仕え,当時の名手といわれた。3代道甫(どうほ)〔?-1678〕は寛永年間に前田利常に招かれて京都から金沢におもむき,加賀蒔絵の基を開いた。
→関連項目漆器

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

いがらしけ【五十嵐家】

室町時代の五十嵐信斎に始まる蒔絵師の家系とその一派。初代信斎(生没年不詳)は足利義政に仕え,幸阿弥道長(幸阿弥家)と並び称せられ,東山時代物と珍重される漆芸品の中に彼の作品が多いといわれているが,確証のある作はない。2代甫斎は信斎の子で業を継ぎ豊臣秀吉に仕えたが,作品などは詳らかでない。3代道甫(?‐1678)は寛永年間(1624‐44)加賀藩主前田利常に招かれ,京都から金沢へおもむき加賀蒔絵の基をきずいた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

五十嵐家
いがらしけ

幸阿弥(こうあみ)家と並び称せられる蒔絵師(まきえし)の家系。室町時代、足利義政(あしかがよしまさ)に仕えた初代信斎(しんさい)はその諸調度に蒔絵を施し、当代の名手とうたわれ、後世その作品が東山殿(ひがしやまどの)御物と称せられて、大いに珍重された。その子2代甫斎(ほさい)は豊臣(とよとみ)秀吉に仕えている。3代は甫斎の子道甫(どうほ)(?―1678)で、寛永(かんえい)年間(1624~1644)に加賀藩主前田利常(としつね)に招かれ金沢に赴き、加賀蒔絵の基礎を築いた。五十嵐蒔絵の様式、作風は、これら3代でよく現れているが、その特徴は空間を広くとり、漢画と大和(やまと)絵を対照的に取り入れたり、細い雲形に金銀の印金(いんきん)を細かに置いたりというものである。道甫の代表作、秋野蒔絵硯箱(すずりばこ)にはそれがよく示されている。4代は嗣子(しし)の喜三郎が継ぎ、2代道甫を名のった。彼は幸阿弥清三郎の弟で、五十嵐家の養子となり、加賀に永住して藩の細工所でも業を行った。以後の後継者には門人の庄兵衛(しょうべえ)が代々これにあたり、また、初代道甫とともに京都より赴いた清水(しみず)九兵衛も主要な門人で、彼の家系もともに加賀蒔絵を支えた。[郷家忠臣]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

五十嵐家の関連キーワード五十嵐道甫幸阿弥道長田付長兵衛五十嵐信斎清原本蒔絵五十嵐信平(2代)五十嵐信平(3代)五十嵐道甫(2代)栗本宗清

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

五十嵐家の関連情報