コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

加賀国 かがのくに

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

加賀国
かがのくに

現在の石川県の南半部。北陸道の一国。上国。もと賀我,江沼の国造が支配。初め越前国に属したが,弘仁 14 (823) 年独立して一国となった。国府,国分寺ともに小松市古府町。『延喜式』には江沼 (えぬま) ,能美 (のみ) ,加賀 (かか) ,石川 (いしかは) の4郡がみえ,『和名抄』には郷 30,田1万 3766町余を記載。白山比 咩 (しらやまひめ) 神社は『延喜式』神名帳に登載され,『文徳実録』『三代実録』にも叙位の記事がある古社で,当国の一宮として白山に鎮座する。鎌倉時代には守護として比企氏と北条氏一門が任じられ,室町時代には富樫氏が守護。長享2 (1488) 年には急激に勢力を増強した真宗教団の一向一揆に攻撃され,ついに守護富樫政親は討死にし,以来,一向宗徒は 100年に近い期間,加賀の国を支配した。天正8 (1580) 年,織田信長は一向宗徒の勢力を鎮圧し,その後は前田氏,丹羽氏の領有が続いた。豊臣秀吉は前田利家を当国に封じ,以来,江戸時代を通じて前田氏が領有。なお,加賀藩は表高 102万 5000石であったが,内高は 120万石以上といわれ,これは外様 (とざま) 大名でありながら江戸藩府諸大名のなかで最高の石高であった。明治4 (1871) 年の廃藩置県では,7月に金沢県と大聖寺県とになったが,同年 11月には金沢県と七尾県に変り,さらに同5年に合併して石川県となる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

かが‐の‐くに【加賀国】

加賀

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

加賀国【かがのくに】

旧国名。加州賀州)とも。北陸道の一国。現在の石川県南部。823年越前(えちぜん)国から分置。《延喜式》に上国,4郡。古くから地味豊かで奈良時代には東大寺などの荘園があった。
→関連項目石川[県]大野荘(石川)中部地方

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

藩名・旧国名がわかる事典の解説

かがのくに【加賀国】

現在の石川県南半部を占めた旧国名。律令(りつりょう)制下で北陸道に属す。「延喜式」(三代格式)での格は上国(じょうこく)で、京からの距離では中国(ちゅうごく)とされた。国府と国分寺はともに現在の小松市におかれていた。初め越前(えちぜん)国に属していたが、823年(弘仁(こうにん)14)に分立。平安時代から皇室摂関家(せっかんけ)などの荘園(しょうえん)が多く、末期には平氏(へいし)一門の知行国(ちぎょうこく)となった。鎌倉時代守護は比企(ひき)氏、北条氏南北朝時代から室町時代は富樫(とがし)氏だったが、1488年(長享(ちょうきょう)2)の一向一揆(いっこういっき)により滅亡した。以後100年にわたり「百姓ノ持タル国」として続いたが、織田信長(おだのぶなが)に制圧された。関ヶ原の戦い後は前田氏が領有、以後日本海海運の拠点となって豪商銭屋五兵衛(ぜにやごへえ)らを輩出、また加賀友禅(ゆうぜん)九谷焼(くたにやき)、山中塗(やまなかぬり)などを生み出し、「加賀百万石」として栄えた。1871年(明治4)の廃藩置県により金沢県となり、翌年に石川県と改称、のち七尾(ななお)県を合併した。◇加州(かしゅう)ともいう。

出典 講談社藩名・旧国名がわかる事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かがのくに【加賀国】

北陸道7ヵ国の一つ。加州。いまの石川県南半部。
【古代】
 律令体制成立以前は(こし)とよばれた地域の一部で,7世紀末の国評制の施行から奈良期を経て平安初期に至るまでは越前国に属したが,823年(弘仁14)に越前守紀末成(きのすえなり)の建議によって,越前国北半部の江沼・加賀2郡を割いて新たに立国された。律令国家にとって最後の一国建置である。立国にともなって,江沼郡北半が能美郡,加賀郡南半が石川郡として分郡され,江沼,能美,石川,加賀(南北朝期以後は河北)の4郡編成となる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

加賀国
かがのくに

本州中央部の日本海沿岸地域に位置し、現在の石川県域の南半部にあたる旧国名。初め越前(えちぜん)国に属したが、823年(弘仁14)3月、律令(りつりょう)制下の最後の建置国として、越前国北域の江沼(えぬま)・加賀2郡を割いて加賀国が設置された。加賀立国に伴い、江沼郡管下の13郷・4駅のうち、北半部の5郷・2駅を割いて能美(のみ)郡が設けられ、加賀郡管下の16郷・4駅のうちでも、南半部の8郷・1駅が割かれて石川郡が置かれ、4郡構成となった。国府は小松市古府(こふ)に置かれ、国分寺も定額寺の勝興(しょうこう)寺を転用して近くに置かれたが、遺跡としては古府廃寺が比定されている。『延喜式(えんぎしき)』(927成)には、国内の小社42座を官社として登載しており、綾(あや)・帛(はく)・絹が調(ちょう)に、白木韓櫃(しらきのからびつ)・綿・米が庸(よう)に、紙・茜(あかね)・紅花・熟麻(にお)・呉桃子(くるみ)・荏油(えのあぶら)・海藻・雑魚(きたい)(丸干し)が中男作物(ちゅうなんさくもつ)として、それぞれ貢納物に規定されていた。
 平安末期、平氏一門の知行国(ちぎょうこく)となったが、延暦寺(えんりゃくじ)の末寺で大いに勢威のあった白山宮加賀馬場(はくさんぐうかがばんば)や、手取(てどり)川扇状地に割拠する林・富樫(とがし)氏らの有力武士団は、平氏の支配に反抗し、1183年(寿永2)木曽(きそ)(源)義仲(よしなか)が北陸道を西上してくるとその麾下(きか)に属した。翌年、義仲が没落すると、加賀を含む北陸道諸国は、鎌倉幕府の支配下となり、鎌倉殿勧農使比企朝宗(ひきともむね)が派遣され、鎌倉期の守護には、北条朝時(ともとき)らを確認できる。1335年(建武2)建武(けんむ)政権のもとで、地元武士の富樫高家(たかいえ)が守護に登用され、室町幕府体制下でも、室町前期の一時期を除き、富樫氏が守護職をほぼ世襲した。同氏は、本貫地に隣接する石川郡の野々市に守護所を置き、領国経営を展開したが、幕府の介入と一族間の内訌(ないこう)に悩まされ、1488年(長享2)守護富樫政親(まさちか)は、真宗本願寺派の坊主・門徒ら(一向一揆(いっこういっき))に攻められ、自害して果てた。この結果、戦国期の加賀は「百姓持ちの国」となり、本願寺一門の若松本泉寺(わかまつほんせんじ)などが主導したが、やがて金沢御堂(かねざわみどう)を拠点に本願寺の直接支配が強まった。1580年(天正8)織田信長の部将柴田(しばた)勝家らの攻略によって、金沢御堂は陥落、100年近く続いた一向一揆体制は解体した。古代の加賀郡は、南北朝期にはすでに河北郡と改称されている。
 近世になって、佐久間盛政(さくまもりまさ)が金沢城に配置されたが、1583年(天正11)前田利家(としいえ)が能登(のと)から加賀に移り、金沢城に入った。ついで1600年(慶長5)前田利長(としなが)は加賀・能登・越中(えっちゅう)3か国の領有を遂げ、「加賀百万石」の基礎が固められた。江戸期の加賀国は、大半が加賀藩領であったが、江沼郡全域と能美郡6か村は支藩の大聖寺(だいしょうじ)藩領であり、白山麓(ろく)18か村は幕府領となっていた。また、犀川(さいがわ)河口の金沢外港の宮腰(みやのこし)や、手取川河口の能美郡の本吉(もとよし)などは、日本海海運の港町として繁栄し、銭屋(ぜにや)五兵衛・木谷(きや)藤右衛門らの海の豪商が輩出した。近世の物産に、加賀友禅、金沢箔(はく)、九谷焼(くたにやき)、山中漆器などがある。
 1871年(明治4)廃藩置県によって金沢県・大聖寺県が生まれ、大聖寺県はまもなく金沢県に併合、翌72年石川県と改称した。当時の加賀国の戸数は9万3329軒、人口は35万5576人で、うち人口12万余の金沢は、江戸・大坂・京都の三都に次ぐ大都市であった。[東四柳史明]
『下出積与著『石川県の歴史』(1970・山川出版社) ▽若林喜三郎監修『石川県の歴史』(1970・北国出版社) ▽若林喜三郎編著『加賀・能登の歴史』(1978・講談社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

加賀国の関連キーワード嵐 冠十郎(4代目)土谷 一光(2代目)加賀象眼・加賀象嵌大野荘(石川)加賀一向一揆村上 九郎作本岡 三千治広海 二三郎鶴田 和三郎菅生石部神社十輪院内府記白山比め神社春名 繁春渡瀬 政礼後藤才次郎渡辺 萎文今村 信敬石川[県]和沢 含山表 与兵衛

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

加賀国の関連情報