コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

労乃宣 ろうないせんLao Nai-xuan; Lao Naihsüan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

労乃宣
ろうないせん
Lao Nai-xuan; Lao Naihsüan

[生]道光23(1843)
[没]1921
中国,清末,民国初期の学者,政治家。浙江省桐郷の人。同治 10 (1871) 年の進士。各地の知県や,憲政編査館参議,京師大学堂総監督兼学部副大臣などを歴任,資政院勅選議員にもなった。辛亥革命の際『共和正解』を,1914年『続共和正解』を刊行して共和制を否定し,清朝復活 (復辟) 論を唱えた。また南京に簡字学堂を設け,国語改良運動にも従事した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

労乃宣【ろうないせん】

中国,清末の政治家,音韻学者。浙江省の人。1871年の進士。京師大学堂総監督,資政院勅選議員。政治家として開明派官僚の右派辛亥(しんがい)革命後は引退,復辟(ふくへき)を主張して《共和正解》を著す。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

労乃宣の関連キーワード国語運動歴任

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android