コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

労働力需給の引き締まり ろうどうりょくじゅきゅうのひきしまりtightening of labor supply

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

労働力需給の引き締まり
ろうどうりょくじゅきゅうのひきしまり
tightening of labor supply

1980年代の後半から 90年代前半の長期の景気拡大が続く中で,労働力需給は引き締まり基調が続いた。有効求人倍率は 88年半ばに1倍を超え,90年7~9月期には 1.45倍と,74年1~3月期以来の高い水準となった。完全失業率も 87年には一時3%台を記録したものの,その後低下傾向で推移し,90年7~9月期には 2.1%と,80~81年ごろの水準に達した。こうした労働力需給の引き締まりの背景としては,景気拡大が長期にわたったこと,しかも内需主導型の成長のため雇用需要が強いことなどがあげられるが,それ以上に重要なのは産業・職種・年齢などの労働力需給のミスマッチが存在していることである。今後はこうしたミスマッチを解消するための有効な手段を講じる必要があろう。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

労働力需給の引き締まりの関連キーワード賃金コスト賃金相場

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android