コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

労働4団体 ろうどうよんだんたい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

労働4団体
ろうどうよんだんたい

戦後日本の労働運動は,日本労働組合総同盟 (総同盟) と全日本産業別労働組合会議 (産別) の二大勢力から 1950年日本労働組合総評議会 (総評) への結集という道をたどったが,その後総評から脱退した総同盟系を中心に 64年全日本労働総同盟 (同盟) が発足して以降,日本のナショナル・センターは 56年結成の中立労働組合連絡会議 (中立労連) ,49年に産別から分れた全国産業別労働組合連合 (新産別) とともに4分立の形が 23年間続いた。総評と中立労連は早くから春闘などで提携していたが,70年代なかばから雇用や減税・福祉要求などで同盟を含めた共同歩調がとられるようになり,労働4団体と総称されるにいたった。この間労働界の再編統一が進み,87年9月の中立労連解散を皮切りに同 11月同盟,88年 10月新産別,89年 11月総評と順次解散,日本労働組合総連合会 (連合) に一本化された。これに反対する共産党系の労組は,全国労働組合総連合 (全労連) を結成している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android