コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日本労働組合総同盟 にほんろうどうくみあいそうどうめい

5件 の用語解説(日本労働組合総同盟の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

日本労働組合総同盟
にほんろうどうくみあいそうどうめい

略称,総同盟。第2次世界大戦前の日本労働総同盟 (総同盟) ,日本労働組合全国評議会 (全評) などの指導者により 1946年8月に発足,全日本産業別労働組合会議 (産別会議) と並ぶ2大中央組織として活動した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

にほん‐ろうどうくみあいそうどうめい〔‐ラウドウくみあひソウドウメイ〕【日本労働組合総同盟】

総同盟の正式名称。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

日本労働組合総同盟【にほんろうどうくみあいそうどうめい】

略称は総同盟。1946年戦前の日本労働総同盟の後身として右派・中間派・合法左派の労働組合(組合員85万)が結成。経済復興を先決として労使協調的態度をとり,左派の産別会議と対立。
→関連項目全労連二・一スト日本鉄鋼産業労働組合連合会

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

にほんろうどうくみあいそうどうめい【日本労働組合総同盟】

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

日本労働組合総同盟
にほんろうどうくみあいそうどうめい

略称総同盟。1946年(昭和21)8月1日、第二次世界大戦前の日本労働組合全国協議会(全協)系を除く右派から合法左派に至る各派の労働組合が大同団結して、1699組合、85万5355人で結成された全国中央組織(ナショナル・センター)。45年10月東京に集まった旧日本労働総同盟(総同盟)、全国労働組合同盟(全労)、日本労働組合全国評議会(全評)、東京市従業員組合(東京市従)などの元幹部が、労働組合再建懇談会を通じて組織結成中央準備委員会を結成、1912年(大正1)友愛会が創立された月日にあわせて結成大会が開かれた。戦後の組合勢力を二分した全日本産業別労働組合会議(産別会議)より劣勢であったが、産別会議とともに47年3月結成した全国労働組合連絡協議会(全労連)から翌48年6月には脱退、産別民主化同盟産別民同)の運動を支援して、徐々にその勢力を逆転させた。
 1950年日本労働組合総評議会(総評)の結成に参加し、左派は総評への解消を主張したのに対し、右派は刷新強化を固守し、同年11月の第5回全国大会で分裂した。左派は同年3月解散大会を行ったが、右派は6月再建第6回大会を開いて公称30万人で総同盟を引き継いだ。54年の日本炭鉱労働組合(炭労)と日本電気産業労働組合(電産)のストライキ指導を批判して総評を脱退した全日本海員組合(海員)、全国繊維産業労働組合同盟(全繊同盟。現ゼンセン同盟)など四組合とともに全日本労働組合会議(全労会議)を結成した。しかし、全労会議は、総同盟が従来の組織のままで参加したので、二重に全国中央組織をもつことになり、62年4月暫定的に総同盟と総同盟を除く全労会議とが加盟する全日本労働総同盟組合会議(同盟会議)を結成、その後組織の統合・整理を進め、64年11月全日本労働総同盟(同盟)が結成された。[松尾 洋]
『総同盟五十年史刊行委員会編・刊『総同盟五十年史 第三巻』(1968)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の日本労働組合総同盟の言及

【総同盟】より

…しかし戦時体制の強化にともない組合の解散が相つぎ,総同盟もついに40年7月21日の全国代表者会議で〈自発的解散〉を決定した。【二村 一夫】
【戦後の総同盟】
 正称は日本労働組合総同盟。1946年8月1日,戦後初の労働組合全国中央組織として約85万人の組合員により結成。…

【松岡駒吉】より

…また産業報国運動への参加には消極的立場をとり菊川忠雄らとたもとを分かった。第2次大戦直後から労働運動再建に着手,日本労働組合総同盟(総同盟)会長となり,46年から衆議院議員当選6回。第1回から第4回国会まで衆議院議長,その後,総同盟,日本社会党の顧問を務めた。…

※「日本労働組合総同盟」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本労働組合総同盟の関連キーワードJCL全日本労働総同盟総同盟日本労働組合評議会日本労働総同盟フランス労働総同盟全日本労働総同盟組合会議日本労働組合同盟大日本労働総同盟友愛会労働総同盟・労働者の力

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone