労多くして功少なし(読み)ロウオオクシテコウスクナシ

  • ろう
  • 労(ろう)多(おお)くして功(こう)少(すく)なし
  • 多(おお)くして功(こう)少(すく)なし

精選版 日本国語大辞典の解説

苦労ばかりが多くて効果が少ない。苦労の多いわりには得るものが少ない。
※続日本紀‐天平九年(737)四月戊午「労多功少、恐非上策

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

ことわざを知る辞典の解説

たいへんな苦労をしても、成果にとぼしく報われないこと。

[使用例] 実際をいうと、人に戯曲の書き方を教える暇に、自分でいいものを書く方がほんとうかもしれない。ことに、労多くして効すくなしという不安が、もとよりなくはないが、今日のごとく戯曲不振の時代において、一人でもそれに志すものがあれば、みんなでその芽を育てて行く義務があると思うのである[岸田国士*戯曲講座|1932]

[解説] 「」は手柄、成果をいいます。骨折ったわりに結果がおもわしくない場合や、結果は上々でも評価されない時に用いられます。

[類句] 労して功無し

出典 ことわざを知る辞典ことわざを知る辞典について 情報

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android