コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

労農同盟 ロウノウドウメイ

3件 の用語解説(労農同盟の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ろうのう‐どうめい〔ラウノウ‐〕【労農同盟】

社会主義革命の達成のために、労働者階級が農民層と協同して権力に対して闘争すること。また、その組織。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

労農同盟
ろうのうどうめい

労働者階級と農民階級が、それぞれの階級的利益を相互に擁護しあい、相互にそれぞれの闘争を援助しあい、共通の利益に基づいて支配階級とその国家権力に対する共同闘争を行うという、マルクス主義の用語。労農同盟の思想自体は、マルクスエンゲルスにすでにみられたが、農民国ロシアにおいて革命運動を指導したレーニンは、帝国主義段階においてブルジョア階級がブルジョア民主主義革命の旗を放棄し、プロレタリアートヘゲモニーのもとに労働者と農民が共同して革命を遂行しなければならないとして、労農同盟論を唱えた。20世紀においても、労働者階級と農民は社会の物質的富を直接に生産する二大階級であり生産力の担い手であること、労働者と農民をあわせ政治的に同盟すると人口の圧倒的多数を占めること、帝国主義や独占資本の支配のもとで労働者も農民もともに搾取され収奪されていること、などの根拠から、革命勢力は労農同盟を基礎に構築される、と定式化された。この階級同盟は、社会経済的利害関係レベルで構成されるが、より具体的な政治的次元では、労働運動組織(労働者政党、労働組合等)と農民組織(農民政党、農民組合等)の日常的な「労農提携」や、政治目標をもった「労農統一戦線」が提唱された。ロシア革命後の社会主義政権は「労農民主独裁」ともいわれた。労働者の多くが農村出身者で構成されたわが国でも、労農同盟論は戦前から主張されてきた。[加藤哲郎]
『マルクス、エンゲルス、レーニン著、日本共産党中央委員会宣伝部編『労農同盟論』全3巻(大月書店・国民文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の労農同盟の言及

【労農提携】より

…労働者階級と勤労農民層とが共通の要求に基づいて共同闘争を展開すること。これに対し,〈労農同盟〉は,革命によって人民が権力を獲得するための労働者階級と農民層の政治的な同盟のことで,階級的前衛政党の指導のもとで独占資本の支配に反対する統一戦線の基軸となる。革命論の立場からは,〈労農提携〉は〈労農同盟〉の一つの実践的形態と考えられ,さまざまな提携の積上げのなかで強固な同盟が形成される。…

※「労農同盟」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone