効験/功験(読み)コウケン

デジタル大辞泉の解説

こう‐けん〔カウ‐|コウ‐〕【効験/功験】

《古くは「こうげん」とも》ききめ。効能。効果。「―あらたかな妙
「神仏の加護良薬の―で」〈鴎外阿部一族

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こうけん【効験】

〔古くは「こうげん」とも〕
しるし。ききめ。効果。 「 -あらたかな薬」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

こう‐けん カウ‥【効験・功コウ験】

〘名〙 (古くは「こうげん」とも) ある物事の結果が現われること。ききめ。しるし。効能。
※貴嶺問答(1185‐90頃)「頗雖驚目、於事有効験、挙達如件」
※平家(13C前)六「大法秘法の効験もなく」 〔潜夫論‐徳化〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android