コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

効験/功験 コウケン

デジタル大辞泉の解説

こう‐けん〔カウ‐|コウ‐〕【効験/功験】

《古くは「こうげん」とも》ききめ。効能。効果。「―あらたかな妙
「神仏の加護良薬の―で」〈鴎外阿部一族

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こうけん【効験】

〔古くは「こうげん」とも〕
しるし。ききめ。効果。 「 -あらたかな薬」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

効験/功験の関連キーワード金精神・根精神・金勢神参天台五台山記酒は百薬の長本朝法華験記平田〈市〉頼豪(1)金精大明神修善寺温泉延命院日道ユトゥルナ隈部道栄識名盛命淡島信仰混効験集遺物崇拝性器崇拝笠森稲荷竜王町法成就那智滝

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android