コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

勇魚取絵詞 イサナトリエコトバ

デジタル大辞泉の解説

いさなとりえことば〔いさなとりヱことば〕【勇魚取絵詞】

江戸後期の書。国学者小山田与清(おやまだともきよ)による文政12年(1829)の跋(ばつ)があるが、著者未詳。天保3年(1832)刊。肥前国松浦郡生月(いきつき)島の益富又左衛門正弘の捕鯨と鯨処理の状況を絵と文で描写したもの。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

勇魚取絵詞【いさなとりえことば】

捕鯨および解体処理の技術書。2冊。1832年刊。国文学者小山田与清の1829年の跋文(ばつぶん)を載せるが著者とは決しがたいとされる。肥前生月(いきつき)島一部浦(いちぶうら)の益富又左衛門の漁場を中心とした捕鯨法,漁具,調理法,鯨の解剖学的知識などを図解を添えて説く。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

勇魚取絵詞の関連キーワード益富又左衛門(初代)

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android