コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

勇魚取絵詞 イサナトリエコトバ

百科事典マイペディアの解説

勇魚取絵詞【いさなとりえことば】

捕鯨および解体処理の技術書。2冊。1832年刊。国文学者小山田与清の1829年の跋文(ばつぶん)を載せるが著者とは決しがたいとされる。肥前生月(いきつき)島一部浦(いちぶうら)の益富又左衛門の漁場を中心とした捕鯨法,漁具,調理法,鯨の解剖学的知識などを図解を添えて説く。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

勇魚取絵詞の関連キーワード益富又左衛門(初代)

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android