コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

生月 いきつき

4件 の用語解説(生月の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

生月
いきつき

長崎県北西部,平戸市西部の旧町域。平戸島の北西にある生月島全島を占める。 1940年町制。 2005年平戸市,田平町,大島村と合体して平戸市となった。島は南北に細長く,壱部浦と舘浦の二つの中心集落があり,北部の壱部浦は享保 10 (1725) 年益富家によって開かれた捕鯨基地。主産業は漁業で,1955年頃からイワシ網漁が衰退し始めると,それに代わって地元資本による大規模な巻網漁業が中心となった。新上五島町の奈良尾,長崎市とともに県下の三大巻網漁業基地に数えられる。農業では棚田が発達し,米作が中心。地すべり多発地帯に属する。隠れキリシタンの集落が多いことでも知られている。東シナ海に面する西岸は高さ 100mに及ぶ玄武岩の断崖が発達し,柱状節理 (→節理 ) がみられ,西海国立公園に属する。 1991年平戸島と結ぶ生月大橋が完成,平戸大橋を経て九州本土と陸続きとなった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

せいげつ【生月】

うまれた月。うまれ月。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

生月
いきつき

長崎県北部、北松浦(まつうら)郡にあった旧町名(生月町(ちょう))。現在は平戸(ひらど)市西部の生月島を占める地域。旧生月町は1940年(昭和15)町制施行。2005年(平成17)平戸市に合併。中心集落は館浦(たちうら)と壱部浦(いちぶうら)で、前者は古くからの漁村で、後者は1725年(享保10)益富(ますとみ)氏によって捕鯨基地として開かれた漁村である。捕鯨業が衰退したのちは、イワシ巾着(きんちゃく)網の根拠地として繁栄し、昭和30年代イワシ不況以後は、アジ、サバ大型巻網(まきあみ)漁業に転向し、漁場は東シナ海さらに三陸沖に進出し、今日では東シナ海、三陸沖、北海道沖合いをまたにかけて操業している。漁業生産額は、町民所得の60%台を占めた。『延喜式(えんぎしき)』によれば、生属(いきつき)馬牧の置かれた所で、現在は全島、牧牛が盛んである。隠れキリシタンの集落が多く、殉教遺跡も残っている。草スキーの楽しめる山頭(やまがしら)草原、洞門・洞穴のある長瀬鼻や、生月観音がある。1991年(平成3)平戸島と結ぶ生月大橋が完成し、これにより平戸大橋を経て九州本島と陸続きとなった。[石井泰義]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

生月の関連情報