コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

生月 いきつき

4件 の用語解説(生月の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

生月
いきつき

長崎県北西部,平戸市西部の旧町域。平戸島の北西にある生月島全島を占める。 1940年町制。 2005年平戸市,田平町,大島村と合体して平戸市となった。島は南北に細長く,壱部浦と舘浦の二つの中心集落があり,北部の壱部浦は享保 10 (1725) 年益富家によって開かれた捕鯨基地。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

せい‐げつ【生月】

生まれた月。生まれ月。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

せいげつ【生月】

うまれた月。うまれ月。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

生月
いきつき

長崎県北部、北松浦(まつうら)郡にあった旧町名(生月町(ちょう))。現在は平戸(ひらど)市西部の生月島を占める地域。旧生月町は1940年(昭和15)町制施行。2005年(平成17)平戸市に合併。中心集落は館浦(たちうら)と壱部浦(いちぶうら)で、前者は古くからの漁村で、後者は1725年(享保10)益富(ますとみ)氏によって捕鯨基地として開かれた漁村である。捕鯨業が衰退したのちは、イワシ巾着(きんちゃく)網の根拠地として繁栄し、昭和30年代イワシ不況以後は、アジ、サバ大型巻網(まきあみ)漁業に転向し、漁場は東シナ海さらに三陸沖に進出し、今日では東シナ海、三陸沖、北海道沖合いをまたにかけて操業している。漁業生産額は、町民所得の60%台を占めた。『延喜式(えんぎしき)』によれば、生属(いきつき)馬牧の置かれた所で、現在は全島、牧牛が盛んである。隠れキリシタンの集落が多く、殉教遺跡も残っている。草スキーの楽しめる山頭(やまがしら)草原、洞門・洞穴のある長瀬鼻や、生月観音がある。1991年(平成3)平戸島と結ぶ生月大橋が完成し、これにより平戸大橋を経て九州本島と陸続きとなった。[石井泰義]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

生月の関連キーワード長崎県平戸市大石脇町長崎県平戸市大久保町長崎県平戸市大野町長崎県平戸市木引町長崎県平戸市崎方町長崎県平戸市新町長崎県平戸市辻町長崎県平戸市堤町長崎県平戸市西中山町長崎県平戸市野子町

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

生月の関連情報