動力学(読み)どうりきがく

精選版 日本国語大辞典「動力学」の解説

どう‐りきがく【動力学】

〘名〙 物体の運動と力との関係を論ずる力学。ニュートンの運動の第二法則により、物体にはそれに作用する力に比例し、質量に反比例した加速度が働くとして、物体の運動を解析するもの。⇔静力学。〔工学字彙(1886)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

百科事典マイペディア「動力学」の解説

動力学【どうりきがく】

物体の運動と力との関係を研究する力学の一部門。静力学運動学に対する。ガリレイ,ニュートンらによって基礎を与えられた。
→関連項目ガリレイ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内の動力学の言及

【力学】より

…物体に働く力とそれによって起こる運動もしくはその変化との間の関係を論ずる学問。運動やその変化が生じないような場面,すなわち複数の力の平衡関係を論ずる場合を静力学statics,そうでない場合を動力学dynamicsとして区別することもある。また,もっぱら運動の状態を記述することに場面を限定し,運動(とその変化)の原因としての力をもち出さない場合を運動学kinematicsと呼ぶ。…

※「動力学」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

光合成

光のエネルギーにより生物が二酸化炭素を同化して有機化合物を生成する過程。緑色植物の場合には,クロロフィルおよびカロテノイドの働きにより光のエネルギーを吸収し,6CO2 + 12H2O → C6H12O...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android