勝地(読み)しょうち

精選版 日本国語大辞典「勝地」の解説

しょう‐ち【勝地】

〘名〙 (「しょうじ」とも)
地勢などがすぐれていて、ある事を行なう場所として最も適した土地。形の地。
※続日本紀‐天平一九年(747)一一月己卯「国司冝使及国師。蕑定勝地勤加営繕
※平家(13C前)五「昔より代々の帝王、〈略〉おほくの都をたてられしかども、かくのごとくの勝地はなし」 〔管子‐七法〕
② 景色のよい土地。風景のよいところ。景勝の地。名勝
※懐風藻(751)従駕吉野宮〈吉田宜〉「神居深亦静、勝地寂復幽」 〔新書‐馬周伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「勝地」の解説

【勝地】しようち

景勝の地。唐・王勃王閣の〕嗚呼(ああ)、地は常ならず、は再びしし。

字通「勝」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

物言う株主

上場企業の経営に自らの考えを表明して積極的に関わる株主。株主総会で独自の議案を提出したり、役員などを送り込んだりして経営改革を迫ることもある。アクティビスト。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android