(読み)がち

精選版 日本国語大辞典「勝」の解説

がち【勝】

〘接尾〙 (名または動詞の連用形(まれに連体形)、形容詞の連体形などに付いて)
① そのことのほうに傾いていること、または、傾きやすいことを表わす。…することが多い。…しやすい。この場合、それが好ましくない状態であることについていうのがふつう。また、この接尾語が付いた形は、下に「に・なり」または断定の助動詞などが付いて、形容動詞語幹相当として用いられる。「曇りがち」「病気がち」など。
※宇津保(970‐999頃)国譲上「末の世にらうたき人のものし給へば、それ見るとて彼方(あなた)がちなるを」
源氏(1001‐14頃)松風「寄する浪にそへて袖濡れがちなり」
※浮雲(1887‐89)〈二葉亭四迷〉二「並(なみ)や通途(つうづ)の者ならば然うはいかぬがち」
② それをすることが、あるいはそれのほうが得であることを表わす。…しどく。「早いものがち」
※虎明本狂言・禁野(室町末‐近世初)「今はこうしがちじゃ、そのゆみをかへせ」

かち【勝】

〘名〙 (動詞「かつ(勝)」の連用形の名詞化)
競争競技に勝つこと。勝利。⇔負け
※二十巻本天徳四年内裏歌合(960)「右歌、よしなき花散らすも、ことなるなく、詞もよろしからず。以左為勝」
② 得をすること。を得ること。
評判記難波物語(1655)「初心なれば、何の興もなくて、ふるはぬばかりを、かちにして立かへり」
女工哀史(1925)〈細井和喜蔵〉三「何時でも、入社出来ますが、一日でも早い方が勝ちです」
手形交換所へ出した手形で、受取勘定のほうが多いこと。

しょう【勝】

〘名〙
地勢または景色のすぐれていること。また、その土地。
※江戸繁昌記(1832‐36)初「予の勝を好むの僻、嘗て湖瀕に賃居す」 〔諸葛亮‐黄陵廟記〕
② 勝利。かち。また、勝利の回数をかぞえるのに用いる。「三戦二勝」

かつ【勝】

〘名〙 (動詞「かつ(勝)」が、名詞的に用いられたもの) 歌合などの競技で、組合わせになった相手に勝つこと。
※源氏(1001‐14頃)絵合「よろづ皆おしゆづりて、左かつになりぬ」

かつ【勝】

姓氏の一つ。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「勝」の解説

しょう【勝】[漢字項目]

[音]ショウ(呉)(漢) [訓]かつ まさる すぐれる たえる
学習漢字]3年
相手を負かす。かつ。「勝因勝算勝敗勝負勝利圧勝完勝決勝辛勝戦勝必勝優勝連勝
すぐれる。「健勝殊勝清勝
景色・地形がすぐれている。すぐれた景色。「勝地奇勝形勝景勝絶勝探勝名勝
[名のり]かち・すぐる・すぐろ・とう・のり・まさ・ます・よし

しょう【勝】

[名]景色のすぐれていること。また、その地。「山水を探る」
[接尾]助数詞。試合・勝負などで、勝った回数を数えるのに用いる。「二」⇔

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

LGBTQ

セクシュアルマイノリティ(性的少数者)を表す言葉で、性的指向や性自認を意味する英語の頭文字をとって作られた。Lesbian(レズビアン)は同性を恋愛の対象とする女性、Gay(ゲイ)は同性を恋愛の対象と...

LGBTQの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android