コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赴く/趣く オモブク

デジタル大辞泉の解説

おも‐ぶ・く【赴く/趣く】

[動カ四]おもむく」に同じ。
「薬をもて忽(すみや)かに―・かしむ」〈大慈恩寺三蔵法師伝承徳三年点〉
[動カ下二]おもむく」に同じ。
「民(おほむたから)を導く本(もと)は、教へ―・くるに在り」〈崇神紀〉

おも‐む・く【赴く/趣く】

《「背(そ)向く」に対して「面(おも)向く」の意》
[動カ五(四)]
ある場所・方角に向かって行く。「現場に―・く」
物事がある方向・状態に向かう。「心の―・くままに行動する」「病気が快方に―・く」
従う。同意する。
「なでふ事のたばかりをしてか、女の―・くべき」〈宇津保・藤原の君〉
[可能]おもむける
[動カ下二]
向かわせる。行かせる。
「岳(をか)の上より南のそひを下りざまに―・けたり」〈今昔・二五・五〉
うまくことが運ぶようにする。
「わが大事の聖(ひじり)の君、このこと―・けしめ給へ」〈宇津保・藤原の君〉
従わせる。同意させる。
「恥づかしげなる御気色(けしき)なれば、強ひてもえ聞こえ―・け給はず」〈・少女〉
そのような方向・趣旨で考える。
「人にあまねく知らせじと―・け給へるけしき」〈藤袴

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

赴く/趣くの関連キーワードジルベスターの星から勝ちを千里の外に決す出社・帰社・退社ネットサーフィン馬革に尸を裹むハマーショルド虎よ、虎よ!『徒然草』オーベールデュファイお俊伝兵衛詩と真実福与悦夫広橋兼秀熊坂長範出師の表藤原実世雑掌奉行単身赴任帰らぬ旅

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android