コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北信愛(読み)きた のぶちか

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

北信愛 きた-のぶちか

1523-1613 戦国-江戸時代前期の武将。
大永(たいえい)3年生まれ。陸奥(むつ)剣吉(けんよし)城(青森県)城主。南部氏の一族。天正(てんしょう)10年南部家の家督争いで南部信直を擁立し,九戸政実(くのへ-まさざね)と対立。19年豊臣秀吉の軍勢をかりて政実をくだす。のち花巻城代として盛岡藩主につかえた。慶長18年8月17日死去。91歳。号は松斎

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android