コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北円堂 ホクエンドウ

大辞林 第三版の解説

ほくえんどう【北円堂】

奈良市にある興福寺の一堂。721年元明・元正両天皇の勅願により建立。現在の建物は鎌倉初期に再建されたもの。八角円堂、一重本瓦葺き。本尊弥勒仏座像は国宝。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

北円堂の関連キーワード奈良県奈良市登大路町興福寺(奈良市)奈良時代(年表)無着・世親像興福寺旧境内源慶(1)鎌倉彫刻七堂伽藍奈良市八角堂湛慶弥勒座像勅願康勝三軒運助康弁建立運賀

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

北円堂の関連情報