コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北山茂夫 きたやま しげお

1件 の用語解説(北山茂夫の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

北山茂夫 きたやま-しげお

1909-1984 昭和時代の日本史学者。
明治42年3月3日生まれ。東京帝大在学中,羽仁五郎の影響をうける。郷里和歌山県の田辺中学教師などをへて,昭和24年立命館大講師,38年教授。マルクス主義史学の方法論で日本古代の民衆史を究明。「万葉集」の研究でも知られる。昭和59年1月30日死去。74歳。著作に「奈良朝の政治と民衆」「万葉集とその世紀」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

北山茂夫の関連キーワード朝鮮映画NAVI-5(電子制御式自動5段変速機)交通事故スバルレオポルド2世ロッキード事件愛染かつらDumb Type天宮良吉川晃司

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone