コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北方教育 ほっぽうきょういく

世界大百科事典 第2版の解説

ほっぽうきょういく【北方教育】

全国誌の《綴方生活》に呼応して生活綴方運動をおしすすめた北方教育社(秋田市)から1930年2月に創刊された綴方雑誌。その創刊宣言に〈教育地方分権の潮流に依って生れた北方的環境に根底を置く綴方教育研究〉とあるように,国定教科書を教えるだけの画一的な教育に反対した。また《赤い鳥》流の文芸主義的な綴方を批判して,綴方と社会科学との結合をめざし,東北農村の地域性,厳しい自然環境とそのなかでの児童を含めた過酷な農漁業労働や貧しい生活をふまえた生活学習を展開しようとした。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の北方教育の言及

【生活綴方】より

…その原型を打ち出した一人である小砂丘(ささおか)忠義は高知県の山村の小学校での実践をへて,1930年から《綴方生活》を編集,全国的な運動の契機をつくったが,その伏線として芦田恵之助の随意選題綴方の主張や鈴木三重吉の《赤い鳥》(1918創刊)による綴方のリアリズムの運動があった。農村の疲弊が進むなかで,東北地方では秋田の青年教師たちを中心に《北方教育》(1930)が創刊され,社会科学的な観点から生活を把握する眼を綴方を通して育てようとする〈北方性教育運動〉が展開された。しかし,戦時体制の強化とともに生活綴方運動も弾圧を受けた。…

※「北方教育」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

北方教育の関連キーワード加藤 忠右衛門北方性教育運動大関 松三郎村山 俊太郎国分 一太郎民間教育運動佐々木 昂蜷川 龍夫成田 忠久木村 文助成田忠久滑川道夫佐々木昂

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android