コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北昤吉 きた れいきち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

北昤吉 きた-れいきち

1885-1961 大正-昭和時代の哲学者,政治家。
明治18年7月21日生まれ。北一輝(いっき)の弟。国家主義をとなえ昭和3年雑誌「祖国」を創刊。10年多摩帝国美術学校(現多摩美大)創立に参加。11年以来衆議院議員(当選8回)。尾崎行雄らと大政翼賛会に反対した。戦後は日本自由党の結成につくす。昭和36年8月5日死去。76歳。新潟県出身。早大卒。著作に「光は東方より」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android