北有馬[町](読み)きたありま

百科事典マイペディアの解説

北有馬[町]【きたありま】

長崎県南高来(みなみたかき)郡,島原半島南部の旧町。島原鉄道が通じる。有馬川の支谷に集落が発達,段々畑や棚田が顕著。ジャガイモ,米,イチゴ,ミカンを多産。1580年,キリシタン大名有馬晴信によって設けられた有馬セミナリヨ跡がある。2006年3月,南高来郡加津佐町,口之津町,南有馬町,西有家町,有家町,布津町,深江町と合併し市制,南島原市となる。26.13km2。4421人(2003)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

きたありま【北有馬[町]】

長崎県南東部,南高来郡の町。1969年町制。人口4580(1995)。島原半島南部,雲仙岳の南麓にあり,南境沿いを有馬川が東流する。戦国時代は有馬氏の拠った日野江城の城下町として栄えたところで,1580年(天正8)にはキリシタン大名有馬晴信の保護のもとで有馬セミナリヨが設けられ,天正遣欧使節の4人の少年もここで学んでいる。1614年(慶長19)有馬氏は日向延岡に転封し,その後松倉氏が城主になったが,元和年間(1615‐24)に島原に移り,城は取り壊されてさびれた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android