コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西有家[町] にしありえ

百科事典マイペディアの解説

西有家[町]【にしありえ】

長崎県南高来(みなみたかき)郡,島原半島南部の有家川流域を占める旧町。島原鉄道が通じる。施設園芸,ミカン栽培を行う。そうめんを特産。2006年3月,南高来郡加津佐町,口之津町,南有馬町,北有馬町,有家町,布津町,深江町と合併し市制,南島原市となる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

にしありえ【西有家[町]】

長崎県南高来郡,島原半島南東部の町。人口9175(1995)。有家川の河口にある中心の須川は,キリシタン大名として知られた有馬氏の領地であったが,島原の乱後には四国,九州の各藩からの移住者により周辺に多くの集落が生まれた。小豆島からの移住者によって伝えられた手延べそうめんは〈須川そうめん〉の名で特産品になっている。背後の扇状地にはミカン園が広がり,プリンスメロン,イチゴも栽培する。雲仙普賢岳の噴火により大きな被害を受け,施設園芸への転換が行われている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

西有家[町]の関連キーワード南島原市

今日のキーワード

スカジャン

神奈川県横須賀市発祥のジャンパー。おもに化繊の生地の、スタジアムジャンパー風のデザインのジャンパーの背中に、虎や龍、富士山など和風のモチーフの刺繍を施したもの。第2次世界大戦後、横須賀基地に駐留したア...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android