コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

深江[町] ふかえ

2件 の用語解説(深江[町]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

深江[町]【ふかえ】

長崎県島原半島東部,南高来(みなみたかき)郡の旧町。主集落は島原湾に臨む扇状地上に位置し,島原鉄道が通じる。畑作地帯で県第一のタバコ産地。野菜・果樹栽培も盛ん。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ふかえ【深江[町]】

長崎県島原半島東部に位置する南高来郡の町。人口7877(1995)。雲仙岳の野岳(1142m)から東へ広がる緩斜面を占め,北部には島原市境を流れる水無川があり,南部には深江川が流れる。中世に在地領主深江氏が有馬氏から深江浦地頭職を譲られて支配,また引付衆として活躍した安富氏も安富荘を領した。島原の乱によって荒廃したが,その後他藩からの移住者により復興した。水利がよくないためタバコ,野菜などの畑作が行われ,とくにタバコは県下一の生産額をあげる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone