コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北硫黄島 キタイオウトウ

デジタル大辞泉プラスの解説

北硫黄島

東京都小笠原諸島火山列島硫黄列島の最北端にある無人島。母島の南西約170km、硫黄島の北約80kmに位置する。欧名は「サン・アレッサンドロ島」。「きたいおうじま」とも読む。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

世界大百科事典内の北硫黄島の言及

【硫黄列島】より

…小笠原諸島に属する列島で,火山列島とも呼ばれる。ほぼ70kmの等間隔をなして南北に並ぶ北硫黄島,硫黄島,南硫黄島からなり,東京都小笠原支庁小笠原村に含まれる。父島,母島などの小笠原群島が第三紀の海底火山が後に隆起した海底山脈であるのに対し,この列島は第四紀後半から活動を始めた新しい火山島からなる。…

※「北硫黄島」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

北硫黄島の関連情報