コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

火山列島 カザンレットウ

日本の地名がわかる事典の解説

〔東京都〕火山列島(かざんれっとう)


小笠原(おがさわら)諸島南部にある島嶼(とうしょ)群。硫黄(いおう)島を中心に北硫黄島・南硫黄島からなる。東京都小笠原村に属する。硫黄列島とも。硫黄島は平坦(へいたん)だが、他の2島は円錐(えんすい)状の火山がそびえる。硫黄島本島や他の2島の近海でしばしば噴火し、新島が出没する。1891年(明治24)から正式に日本に帰属。第二次大戦後、アメリカの統治下におかれたが、1968年(昭和43)小笠原諸島とともに返還された。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

火山列島
かざんれっとう

小笠原(おがさわら)諸島の南南西方洋上にあり、北硫黄島(きたいおうとう)(最高点792メートル、面積5.57平方キロメートル)、硫黄島(169メートル、23.16平方キロメートル)、南硫黄島(916メートル、3.54平方キロメートル)の3火山島からなる。東京都小笠原支庁小笠原村に属する。硫黄列島ともいう。東日本火山帯に属し、硫黄島には平坦(へいたん)地があるが、ほかは鋭い円錐(えんすい)形で、海食崖(がい)が発達。硫黄島内や、他の2島付近の海底ではしばしば噴火し、南硫黄島付近では新島も出没する。この3島は1543年(天文12)以降、スペイン軍艦など、欧米人によって認められたが、長く無住、無主だった。1887年(明治20)東京府知事による探査が行われ、1889年ごろから日本人が漁業や硫黄採取を始め、1891年に小笠原島庁所管となった。サトウキビやコカの栽培も行われ、1944年(昭和19)には人口1254を数えたが、第二次世界大戦で内地へ引き揚げた。1945年2~3月、硫黄島の攻防戦で日本軍は全滅し、アメリカ軍が占領したが、1968年(昭和43)に小笠原諸島とともに返還された。現在、硫黄島には、おもに海上・航空自衛隊員が駐在しているが、他の2島は無人島である。[諏訪 彰]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の火山列島の言及

【硫黄列島】より

…小笠原諸島に属する列島で,火山列島とも呼ばれる。ほぼ70kmの等間隔をなして南北に並ぶ北硫黄島,硫黄島,南硫黄島からなり,東京都小笠原支庁小笠原村に含まれる。…

※「火山列島」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

火山列島の関連キーワード硫黄島(いおうじま、東京都小笠原村)硫黄島(いおうじま、鹿児島県)南硫黄島(みなみいおうとう)マデイラ諸島のラウリシルヴァトカラ列島県立自然公園硫黄島(いおうとう)富士箱根伊豆国立公園セグロミズナギドリアリューシャン列島七島東京都小笠原村小笠原国立公園マミジロクイナカナリア諸島小笠原(村)マリアナ諸島マリアナ海溝アラスカ半島玉置半右衛門ホルトノキ

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

火山列島の関連情報