北陸電気工事(読み)ほくりくでんきこうじ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

北陸電気工事
ほくりくでんきこうじ

電気工事会社。北陸電力系。 1944年設立。北陸電力関連の配電・送変電工事を主体とするが,管・水道施設工事,消防施設工事のほか,一般企業からの受注も増加。 CATVなど情報通信関連にも力を入れている。売上構成比は,屋内線・環境工事 51%,配電線工事 36%,工務関係工事 11%,兼業事業2%。年間売上高 410億 3100万円,資本金 33億 2800万円,従業員数 1353名 (1999) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本の企業がわかる事典2014-2015の解説

北陸電気工事

正式社名「北陸電気工事株式会社」。英文社名「HOKURIKU ELECTRICAL CONSTRUCTION CO., LTD.」。建設業。昭和19年(1944)設立。本社は富山市小中。北陸電力系の電気工事会社。福井・石川・富山の北陸3県地盤。主力は屋内線・配電線工事。東京証券取引所第1部上場。証券コード1930。

出典 講談社日本の企業がわかる事典2014-2015について 情報

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android