十二因縁絵巻(読み)ジュウニインネンエマキ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

十二因縁絵巻
じゅうにいんねんえまき

鎌倉時代(13世紀)の絵巻。1巻。東京・根津美術館蔵。十二因縁は人間が前世から現世へ、さらに来世へと生まれ変わる三世輪廻(さんぜりんね)のありさまを12の因果関係で示したもの。この絵巻はとくに『無明羅刹(むみょうらせつ)集』という経典に基づいて説いている。作者は不明であるが、絵仏師(えぶっし)一派と思われ、強い描線を主体に、彩色は淡彩を施す程度で、全体の画風には宋(そう)画の影響が認められる。構図や描法などに東大寺の『華厳(けごん)五十五所絵巻』に近似するところが多い。[村重 寧]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

じゅうにいんねんえまき ジフニインエンヱまき【十二因縁絵巻】

鎌倉中期の絵巻。一巻世尊寺有能の詞、藤原為継の絵と伝えるが、未詳。折吒王(せったおう)が十二羅刹を退治する説話で、仏教の因果思想にいう十二因縁を示した。東京、根津美術館蔵。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android