コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

十二因縁絵巻 ジュウニインネンエマキ

2件 の用語解説(十二因縁絵巻の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

じゅうにいんねん‐えまき〔ジフニインエンヱまき〕【十二因縁絵巻】

鎌倉時代の絵巻。1巻。仏教の十二因縁を説話風に表したもの。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

十二因縁絵巻
じゅうにいんねんえまき

鎌倉時代(13世紀)の絵巻。1巻。東京・根津美術館蔵。十二因縁は人間が前世から現世へ、さらに来世へと生まれ変わる三世輪廻(さんぜりんね)のありさまを12の因果関係で示したもの。この絵巻はとくに『無明羅刹(むみょうらせつ)集』という経典に基づいて説いている。作者は不明であるが、絵仏師(えぶっし)一派と思われ、強い描線を主体に、彩色は淡彩を施す程度で、全体の画風には宋(そう)画の影響が認められる。構図や描法などに東大寺の『華厳(けごん)五十五所絵巻』に近似するところが多い。[村重 寧]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

十二因縁絵巻の関連キーワード十二因縁随身庭騎絵巻馬医草紙法数十二門論小乗経因縁を付ける十二牽連海覚稚児草紙

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone