十二因縁絵巻(読み)ジュウニインネンエマキ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

十二因縁絵巻
じゅうにいんねんえまき

鎌倉時代(13世紀)の絵巻。1巻。東京・根津美術館蔵。十二因縁は人間が前世から現世へ、さらに来世へと生まれ変わる三世輪廻(さんぜりんね)のありさまを12の因果関係で示したもの。この絵巻はとくに『無明羅刹(むみょうらせつ)集』という経典に基づいて説いている。作者は不明であるが、絵仏師(えぶっし)一派と思われ、強い描線を主体に、彩色は淡彩を施す程度で、全体の画風には宋(そう)画の影響が認められる。構図や描法などに東大寺の『華厳(けごん)五十五所絵巻』に近似するところが多い。[村重 寧]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ミレニアル世代

《millennialは、千年紀の、の意》米国で、2000年代に成人あるいは社会人になる世代。1980年代から2000年代初頭までに生まれた人をいうことが多く、ベビーブーマーの子世代にあたるY世代やデ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android