コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

十二時 ジュウニトキ

デジタル大辞泉の解説

じゅうに‐とき〔ジフニ‐〕【十二時】

一昼夜。今の2時間を一時(いっとき)として、(う)・辰(たつ)・巳(み)・(うま)・未(ひつじ)・申(さる)の昼の六時に、(とり)・(いぬ)・(い)・子(ね)・(うし)・(とら)の夜の六時を加えたもの。じゅうにじ。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

じゅうにとき【十二時】

一昼夜。昼の卯・辰・巳・午・未・申と、夜の酉・戌・亥・子・丑・寅。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

十二時の関連キーワード治安警察法(抄)喜多川歌麿大谷 鬼若石川雅望時の調子牧野省三一昼夜ちびる曽我物日覚

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

十二時の関連情報