十二類生(読み)ジュウニルイショウ

デジタル大辞泉の解説

じゅうにるい‐しょう〔ジフニルイシヤウ〕【十二類生】

仏語。生まれ方によって衆生(しゅじょう)を12に分けたもの。胎生卵生湿生化生(けしょう)の四生に、有色(うしき)・無色・有想・無想・非有色・非無色・非有想・非無想を加えたもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android