コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

四生 ししょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

四生
ししょう

仏教用語。生き物を生れ方により4種に分類したもの。 (1) 胎生 (母胎中で体を形成して生れた生き物) ,(2) 卵生 (卵の形で生れた生き物) ,(3) 湿生 (湿気のある場所から生れた生き物) ,(4) 化生 (過去からの業の力によって生れた生き物で,天人などをいう) の4種。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

し‐しょう〔‐シヤウ〕【四生】

仏語。生物をその生まれ方から4種に分類したもの。胎生(たいしょう)・卵生・湿生・化生(けしょう)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ししょう【四生】

〘仏〙 迷いの世界の生物をその生まれ方によって分けたもの。胎生・卵生・湿生・化生けしようの四種。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

四生
ししょう

仏教において、生き物の生まれ方を四つに分類したもの。卵生(らんしょう)、胎生(たいしょう)、湿生(しっしょう)、化生(けしょう)の4種をいう。卵生とは鳥類のように卵から生まれるもの、胎生とは獣類のように胎内から生まれるもの、湿生とは虫類のように湿った場所から生まれるもの、化生とは天人や地獄の生き物のようによりどころをもたずに忽然(こつぜん)と生まれるものをさす。[松田愼也]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

四生の関連キーワードバージェス(Ernest Watson Burgess)パーク(Robert Ezra Park)伊藤 痴遊(2代目)鶴沢 才治(6代目)巡る・回る・廻る転倒・顛倒・顚倒十七条憲法人間生態学牢籠・牢篭四生の苦輪児山紀成十二類生中根忠吉社会体系胎卵湿化共同体仏語牢籠流転

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

四生の関連情報