コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

四生 ししょう

4件 の用語解説(四生の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

四生
ししょう

仏教用語。生き物を生れ方により4種に分類したもの。 (1) 胎生 (母胎中で体を形成して生れた生き物) ,(2) 卵生 (卵の形で生れた生き物) ,(3) 湿生 (湿気のある場所から生れた生き物) ,(4) 化生 (過去からの業の力によって生れた生き物で,天人などをいう) の4種。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

ししょう【四生】

〘仏〙 迷いの世界の生物をその生まれ方によって分けたもの。胎生・卵生・湿生・化生けしようの四種。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

四生
ししょう

仏教において、生き物の生まれ方を四つに分類したもの。卵生(らんしょう)、胎生(たいしょう)、湿生(しっしょう)、化生(けしょう)の4種をいう。卵生とは鳥類のように卵から生まれるもの、胎生とは獣類のように胎内から生まれるもの、湿生とは虫類のように湿った場所から生まれるもの、化生とは天人や地獄の生き物のようによりどころをもたずに忽然(こつぜん)と生まれるものをさす。[松田愼也]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

四生の関連情報