十便十宜(読み)ジュウベンジュウギ

百科事典マイペディアの解説

十便十宜【じゅうべんじゅうぎ】

中国,清初の文人李漁が別荘伊園での生活をうたった詩。これに基づいて1771年に池大雅が十便図,蕪村が十宜図を描いた画帖が《十便十宜帖》である。17.9cm平方の小画面だが,前者は密度の高い画面を構成し,後者は美しい自然描写で趣に富み,二人の特色がよく表れている。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

じゅうべんじゅうぎ【十便十宜】

東洋画の画題。中国清初の文人李漁りぎよ(李笠翁)が、山地の閑居生活には一〇ずつの便と宜があることを詠んだ詩に基づく。日本では池大雅(「十便図」)・蕪村(「十宜図」)の競作の画帖(国宝)が有名。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

十便十宜の関連情報