コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

十便十宜 ジュウベンジュウギ

3件 の用語解説(十便十宜の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

じゅうべん‐じゅうぎ〔ジフベンジフギ〕【十便十宜】

画題の一。中国、の文人李笠翁(李漁)が、山居にはそれぞれ10の便と宜とがあるとうたった詩を主題としたもの。池大雅(いけのたいが)与謝蕪村合作の画帖が有名。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

十便十宜【じゅうべんじゅうぎ】

中国,清初の文人李漁が別荘伊園での生活をうたった詩。これに基づいて1771年に池大雅が十便図,蕪村が十宜図を描いた画帖が《十便十宜帖》である。17.9cm平方の小画面だが,前者は密度の高い画面を構成し,後者は美しい自然描写で趣に富み,二人の特色がよく表れている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

じゅうべんじゅうぎ【十便十宜】

東洋画の画題。中国清初の文人李漁りぎよ(李笠翁)が、山地の閑居生活には一〇ずつの便と宜があることを詠んだ詩に基づく。日本では池大雅(「十便図」)・蕪村(「十宜図」)の競作の画帖(国宝)が有名。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

十便十宜の関連キーワード彭紹升李漁生活苦生活権肉蒲団別火屋森の生活劉伶散士十便十宜図

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

十便十宜の関連情報