コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

十六島鼻(読み)うっぷるいばな

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

十六島鼻
うっぷるいばな

島根県北東部,島根半島の出雲市にある日本海に面する岬。北は背後に段々畑をもつ断層海岸で,南に十六島湾をいだく。推古天皇の時代に智春上人が鰐淵寺を開いたとき,十六善人が般若経を背負い,ここに上がったといわれる。南の湾岸で出雲名産の十六島海苔を産する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

十六島鼻
うっぷるいのはな

島根県北東部、島根半島の北西部にある岬。古来ウップルイノリの産地として知られる。地名は、十六善人が『般若(はんにゃ)経』を背負ってこの地に上陸したとの伝承に基づき、ウップルイの読みは、のりの製法「打ち震(ふる)う」によるとの説、古代朝鮮語の九江(多数の入り江)にあたるなどの説がある。岬上には灯台があり、十六島港は近世からの風待ち、避難港。[矢野 博]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android