コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

十味敗毒湯 じゅうみはいどくとう

漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典の解説

じゅうみはいどくとう【十味敗毒湯】

漢方薬の一つ。生薬(しょうやく)荊芥(けいがい)防風(ぼうふう)柴胡(さいこ)桔梗(ききょう)川芎(せんきゅう)茯苓(ぶくりょう)桜皮(おうひ)または樸樕(ぼくそく)甘草(かんぞう)生姜(しょうきょう)独活(どっかつ)などを含む。明(みん)代の医学書『万病回春(まんびょうかいしゅん)』の処方をもとに、江戸時代の医師・華岡青洲(はなおかせいしゅう)(1760~1835年)が創製した。化膿(かのう)性の腫(は)れ物および湿疹(しっしん)じんましんフルンクロージスの体質改善などに用いる。

出典|講談社漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典について | 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

十味敗毒湯(じゅうみはいどくとう)

漢方薬のひとつ。じんましんや化膿を伴う皮膚炎などの症状に処方される。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android