コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

荊芥 ケイガイ

漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典の解説

けいがい【荊芥】

漢方薬に用いる生薬(しょうやく)の一つ。シソ科ケイガイの開花時の全草を乾燥したもの。中国北部が原産。発汗解熱解毒消炎血行促進などの作用がある。慢性鼻炎慢性扁桃(へんとう)炎に効く荊芥連翹湯(けいがいれんぎょうとう)化膿(かのう)性の腫(は)れ物および湿疹(しっしん)じんましんに効く十味敗毒湯(じゅうみはいどくとう)風邪(かぜ)による頭痛血の道(みち)症に効く川芎茶調散(せんきゅうちゃちょうさん)などに含まれる。

出典 講談社漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典について 情報

大辞林 第三版の解説

けいがい【荊芥】

シソ科の一年草。中国北部の原産。高さ約60センチメートル。葉は披針形で羽状に深裂する。夏、枝頂に細長い花穂を立てて、淡紅色の小花をつける。発汗・解熱・止血などの薬とする。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

荊芥の関連キーワード治頭瘡一方清上防風湯当帰飲子有田草消風散披針形止血原産小花連翹

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android