荊芥(読み)ケイガイ

漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典の解説

けいがい【荊芥】

漢方薬に用いる生薬(しょうやく)の一つ。シソ科ケイガイの開花時の全草を乾燥したもの。中国北部が原産。発汗解熱解毒消炎血行促進などの作用がある。慢性鼻炎慢性扁桃(へんとう)炎に効く荊芥連翹湯(けいがいれんぎょうとう)化膿(かのう)性の腫(は)れ物および湿疹(しっしん)じんましんに効く十味敗毒湯(じゅうみはいどくとう)風邪(かぜ)による頭痛血の道(みち)症に効く川芎茶調散(せんきゅうちゃちょうさん)などに含まれる。

出典 講談社漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典について 情報

大辞林 第三版の解説

けいがい【荊芥】

シソ科の一年草。中国北部の原産。高さ約60センチメートル。葉は披針形で羽状に深裂する。夏、枝頂に細長い花穂を立てて、淡紅色の小花をつける。発汗・解熱・止血などの薬とする。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

けい‐がい【荊芥】

〘名〙 シソ科の一年草。中国北部原産で、薬草として栽培される。茎は稜があり直立し高さ八〇センチメートルぐらいになる。全体に短毛を生じ、強い香りがある。葉は羽状に深裂する。各裂片は長さ一・五~二センチメートルの長楕円形。夏、枝先に、小さな淡紅色の唇形花を層状に多数密につける。漢方では全草を乾燥させて、風邪、頭痛、腫(は)れ物などに用いる。漢名、荊芥。ありたそう。〔伊呂波字類抄(鎌倉)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

グリンパティック系

脳内でリンパ系と同様のはたらきをもつ循環システム。グリア細胞(神経膠細胞)が血管周囲に形成したパイプ状の構造に脳脊髄液を循環させ、脳内に蓄積した老廃物を除去する。覚醒時より睡眠時の方がより活動的である...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android