コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

樸樕 ぼくそく

1件 の用語解説(樸樕の意味・用語解説を検索)

漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典の解説

ぼくそく【樸樕】

漢方薬に用いる生薬(しょうやく)の一つ。ブナ科クヌギカシワナラなどの樹皮。タンニンが多量に含まれており、炎症や皮膚病の収斂(しゅうれん)作用がある。打撲捻挫(ねんざ)などの腫(は)れや痛みをおさえる治打撲一方(ぢだぼくいっぽう)化膿(かのう)性の腫れ物および湿疹(しっしん)に効く十味敗毒湯(じゅうみはいどくとう)などに含まれる。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

樸樕の関連キーワード漢方薬烏薬薬酒酒薬草根木皮草薬方薬和薬処方薬伝統薬

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

樸樕の関連情報