コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

十四ヵ条平和構想 じゅうよんかじょうへいわこうそう Fourteen Points

1件 の用語解説(十四ヵ条平和構想の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

十四ヵ条平和構想
じゅうよんかじょうへいわこうそう
Fourteen Points

第1次世界大戦中の 1918年1月8日,アメリカの W.ウィルソン大統領が議会演説で明らかにした 14項目の戦後平和構想で,ベルサイユ条約の原則となったもの。おもな内容は,(1) 秘密外交の廃止,(2) 平時,戦時を問わぬ公海航行の絶対的自由,(3) 経済障壁の除去と貿易条件の平等性の確立,(4) 国内的安全に必要な最低限度への軍備縮小,(5) 民族自治原則に基づく植民地問題の公正な処理,(6) ロシア全領域からの撤兵,(7) ベルギーからの撤兵と主権の完全な回復,(8) アルザスロレーヌフランスへの復帰,(9) イタリア国境線の民族主義の基準による再調整,(10) オーストリアハンガリーの諸民族に政治的自立への機会を与える,(11) ルーマニアセルビアモンテネグロからの撤兵。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

十四ヵ条平和構想の関連キーワード第2次世界大戦大恐慌世界大戦戦間期福祉社会世界大恐慌マルヌ会戦クレメンチュク《第2次世界大戦》ロンドン協定(第2次世界大戦)

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone