コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

十四屋宗伍 じゅうしや そうご

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

十四屋宗伍 じゅうしや-そうご

?-1552 戦国時代の茶人。
京都にすむ。村田珠光(じゅこう)の弟子で,十四屋宗陳(そうちん)とともに武野紹鴎(じょうおう)に茶法を伝授したという。大徳寺の江隠宗顕(こういん-そうけん)が賛をした宗伍像が現存する。天文(てんぶん)21年死去。姓は松本。名は宗悟とも。号は卒休斎,休斎。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

十四屋宗伍の関連キーワードザビエルロンサールバンテン王国日本海および海底地名の変更要求高伝寺カザンハン国根本寺周期表高山右近弾誓

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone