コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

十四屋宗伍 じゅうしや そうご

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

十四屋宗伍 じゅうしや-そうご

?-1552 戦国時代の茶人。
京都にすむ。村田珠光(じゅこう)の弟子で,十四屋宗陳(そうちん)とともに武野紹鴎(じょうおう)に茶法を伝授したという。大徳寺の江隠宗顕(こういん-そうけん)が賛をした宗伍像が現存する。天文(てんぶん)21年死去。姓は松本。名は宗悟とも。号は卒休斎,休斎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

十四屋宗伍の関連キーワード戦国時代茶人

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android