コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

十四山 じゅうしやま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

十四山
じゅうしやま

愛知県西部,弥富市北東部の旧村域。木曾川三角州にある。 1889年村制施行。 1906年宝地村,1956年永和村の一部を編入。 2006年弥富町に編入後,市制施行により弥富市となった。 17世紀半ば以降干拓が進み,水田単作地帯となったが,農業構造改善事業により施設園芸キンギョ (金魚) の養殖などが行なわれる。工場の進出も多く,都市化が進んでいる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

十四山
じゅうしやま

愛知県西部、海部(あま)郡にあった旧村名(十四山村(むら))。現在は弥富(やとみ)市の北東部を占める一地区。2006年(平成18)弥富町に編入、弥富町は市制施行して弥富市となる。日光川支流に臨む干拓地で海抜ゼロメートル地帯。伊勢湾(いせわん)台風(1959)では3か月以上湛水(たんすい)した。その後、地盤沈下の防止施設、地下水涵養(かんよう)実験場、大排水機も設置されている。旧村域の約70%は水田で、稲作営農集団(受委託経営)で名高く、近年は野菜、キンギョ養殖も増えている。北西端を国道1号が通過する。県営の児童総合遊園「海南こどもの国」がある。[伊藤郷平・松井貞雄]
『『十四山村史』(1967・十四山村) ▽『十四山村史 民俗編』(1999・十四山村)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

十四山の関連キーワード神戸分左衛門愛知県弥富市十四山音頭弥富(市)弥富〈町〉曾与(2)弥富[市]二十四山

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android