コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

十如是 じゅうにょぜ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

十如是
じゅうにょぜ

鳩摩羅什訳『法華経』方便品の十種の「如是 (このようなの意) 」の文に基づいて展開された天台宗の教義。すなわち,すべての事象の「如是相,如是性,如是体,如是力,如是作,如是因,如是縁,如是果,如是報,如是本末究竟」をいう。特に中国,隋の智 顗が,彼以前の諸師の解釈をさらに発展させ,十如是は,迷いも悟りもすべて修め尽し,現象と本体とが互いに一体化して区別なく,仮のものと真実とがとけあって一つになっていること (→一如 ) を表わしているとした。中国仏教の発展形態として重要なもの。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

じゅう‐にょぜ〔ジフ‐〕【十如是】

仏語。天台宗で、法華経方便品(ほうべんぼん)に基づき、一切の存在を相・性・体・力・作・因・縁・果・報・本末究竟(ほんまつくきょう)の10方面から説くもの。十如。如是。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

じゅうにょぜ【十如是】

天台宗で、「法華経方便品」の文によって、万象の実体そのままが真理だということを一〇方面から説くもの。如是相・如是性・如是体・如是力・如是作・如是因・如是縁・如是果・如是報・如是本末究竟の一〇。十如。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

十如是の関連キーワード一念三千仏語飛白

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android