コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

十市遠忠 とおち とおただ

3件 の用語解説(十市遠忠の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

十市遠忠

室町後期の歌人・武将。大和十市城主。兵部少輔。姓は中原。和歌を玄誉・徳大寺実淳に師事。京都歌界とも交流を深め、三条西実隆富小路資直らの合点を得た作品が残る。また古典を愛好し、多くの歌書類を書写した。主な著に『十市遠忠詠草』『五十番歌合』等。天文14年(1545)歿、49才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

十市遠忠 とおち-とおただ

1497-1545 戦国時代の武将,歌人。
明応6年生まれ。大和十市(奈良県橿原(かしはら)市)の豪族で竜王山城をきずいて勢力をのばす。兵部大輔(ひょうぶのたいふ)。徳大寺実淳(さねあつ)にまなび,三条西実隆(さねたか)らの合点をえた歌集がのこる。おおくの歌書を書写し,後世につたえた。天文(てんぶん)14年3月16日死去。49歳。歌集に「十市遠忠詠草」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

十市遠忠

没年:天文14.3.16(1545.4.26)
生年:明応6(1497)
室町時代の武将,歌人。十市新左衛門の子。兵部少輔を自称。大和国の豪族で,山辺郡に竜王山城を築くなど,十市氏の勢力確立に貢献した。三条西実隆・公条を和歌の師とし,家集『日次詠草』のほか,『十市遠忠百首』『十市遠忠百番自歌合』など,活発な詠歌活動を展開するとともに,多数の歌書を書写して後世に伝えた。神仏をあつく信仰して,法楽歌を多く詠ずる一方,「大比叡やかたぶく月の木の間より湖なかばある影をしぞ思ふ」のように,戦国武士らしいスケールの大きな作品をも残している。<参考文献>井上宗雄『改定新版 中世歌壇史の研究/室町後期』

(加藤睦)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

十市遠忠の関連キーワード左衛門の陣曽呂利新左衛門秋保新左衛門磯谷新左衛門工藤新左衛門甲田新左衛門高築次郎左衛門東氏数東師氏渡里忠景

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone