コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

十波羅蜜 じっぱらみつdaśa pāramitāḥ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

十波羅蜜
じっぱらみつ
daśa pāramitāḥ

大乗仏教で説かれる 10種の完成された行い。六波羅蜜の最後,慧波羅蜜をさらに分類して4種を加えたものとされる。慧は日常の言語を離れた無分別智であるが,それが現実生活に真実の智慧のままで展開される様子を,この最後の4種によって示すという。『十地経』や唯識関係の諸論書に説かれ,十波羅蜜は菩薩の 10種の修行階位で実践すべきものとされた。十波羅蜜中,(1) ~ (6) は六波羅蜜に同じ。最後の4種は,(7) 智慧を導き出す手段を得ること (方便波羅蜜) ,(8) 智慧を求めようとする願いをもつこと (願波羅蜜) ,(9) 善を行い真偽を判別する力を養うこと (力波羅蜜) ,(10) 究極的な,働きをもった智を得ること (智波羅蜜) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

じっぱらみつ【十波羅蜜】

〘仏〙 菩薩の実践すべき10種の修行。六波羅蜜に、方便・願・力・智の四波羅蜜を加えたもの。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の十波羅蜜の言及

【六波羅蜜】より

…また,智慧は前の五つの根本となるもので,六波羅蜜は智慧波羅蜜を中心としている。智慧をさらに方便(ほうべん)(手段),願(がん)(自発的),力(りき)(能力),智の四つに分かち,合計して十波羅蜜とすることもある。般若(はんにゃ)【井ノ口 泰淳】。…

※「十波羅蜜」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone