コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

十牛図 じゅうぎゅうず

大辞林 第三版の解説

じゅうぎゅうず【十牛図】

中国宋代の禅宗の書。仏道入門から真の悟りに至るまでの過程を、牧者と牛に託して一〇の絵と短文で示したもの。廓庵のものが広く行われ、尋牛・見跡・見牛・得牛・牧牛・騎牛帰家・忘牛存人・人牛俱忘・返本還源・入鄽につてん垂手の順。画題とされる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

じゅうぎゅうず【十牛図 Shí niú tú】

中国,宋代の禅文献の一つ。修行と悟りの過程を,連結する10枚の絵と偈頌,および短い文によって示す。いくつかの異本があり,枚数もまた10枚に限らないが,その中心は,本来の自己をあらわす牛と,これを飼いならす牧人にたとえて,最後に牛も人もともに姿を消すところを,一円相によって表す普明禅師の作と,すべての絵を当初より円相の中に描いて,手元から逃げた牛を探し出し,ともに家に帰りつき,人牛ともに姿を消した所より,さらに再び,花開き水が流れる自然と,街角で語る聖俗2人の男を描く鼎州梁山廓庵禅師の作品との2系統があって,後者は宋代公案禅の発展とともに,とくに日本で流行し,禅の芸術の新しい根拠となった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

十牛図の関連キーワード柴山 全慶実伝宗真無等周位臨済宗禅宗短文牧牛画題十牛

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android