十目(読み)ジュウモク

精選版 日本国語大辞典の解説

じゅう‐ぼく ジフ‥【十目】

〘名〙 (「ぼく」は「目」の漢音) =じゅうもく(十目)
洒落本・吉原源氏六十帖評判(1737)「十目(シウボク)の見る所おろそかならすして近頃太夫の位にそなはり給ふ」

じゅう‐もく ジフ‥【十目】

〘名〙 多くの人の目。衆人の視線、または監視。衆目。多く「十目の見る」の形で用いられる。じゅうぼく。
※大学垂加先講義(1679)「さてその云たてる十目十手がちっとも違はずに必諂ひ者ささへ者に必定なるもの也」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

十目の関連情報