コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

十種ヶ峰(読み)トクサガミネ

日本の地名がわかる事典の解説

〔島根県〕十種ヶ峰(とくさがみね)


島根県津和野(つわの)町と山口県阿東(あとう)町の境に位置する山。標高989m。ササ草原が広がる頂上からは日本海がよく望める。なだらかな山口県側の山腹北西斜面にはスキー場がある。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

十種ヶ峰
とくさがみね

山口県山口市阿東(あとう)地区と島根県鹿足(かのあし)郡津和野(つわの)町との県境にある山。標高989メートル。御食主神(みけぬしのかみ)の十種神宝に由来する山名といわれ、その秀麗な山形から長門(ながと)富士ともよばれる。とがった山頂からは東に中国山地を望み、北西に須佐湾から萩(はぎ)沿岸の変化に富む日本海の海岸線が見渡せる。中腹は広く緩やかなチマキザサの草原となり、冬はスキー場として知られ、山口県十種ヶ峰青少年野外活動センターやオートキャンプ場がある。[三浦 肇]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の十種ヶ峰の言及

【阿東[町]】より

…嘉年は阿武川の源流にある小盆地で県下で最も雪の多い所である。県境に秀麗な山容を見せる十種(とくさ)ヶ峰(989m)は長門の名峰として知られ,山口線に近い船平山とともに中国地方西端のスキー場として人気がある。阿武川中流に長門峡県立自然公園があり,紅葉の季節に観光客が多い。…

※「十種ヶ峰」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android