十種雲形(読み)じっしゅうんけい(英語表記)ten typical forms of clouds

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

十種雲形
じっしゅうんけい
ten typical forms of clouds

雲形を 10類の基本形に分類し,さらに種,変種のほかに副変種(部分的に特徴ある雲と付随して現れる雲)として分類を細分化したもの。十種雲級ともいう。雲の形は 1803年イギリスのリューク・ハワードによって分類され,1896年それをもとにして 10種類の雲の基本形がつくられた。今日使われている分類は,世界気象機関 WMOの 1956年版の国際雲級帳に従っている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

十種雲形【じっしゅうんけい】

国際的に定められた雲形の分類のうち最も基本的な〈類〉としてあげられている10種。国際名,国際記号が定められている。雲の形を幕状と団塊状に大別し,次に雲の出現する高さ,雲粒が水滴か氷晶かによって次の10に分類したもの。巻雲Ci,巻積雲Cc,巻層雲Cs,高積雲Ac,高層雲As,層積雲Sc,層雲St,乱層雲Ns,積雲Cu,積乱雲Cb。
→関連項目下層雲中層雲夜光雲

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android