十種雲形(読み)じっしゅうんけい

百科事典マイペディア「十種雲形」の解説

十種雲形【じっしゅうんけい】

国際的に定められた雲形の分類のうち最も基本的な〈類〉としてあげられている10種。国際名,国際記号が定められている。雲の形を幕状と団塊状に大別し,次に雲の出現する高さ,雲粒が水滴か氷晶かによって次の10に分類したもの。巻雲Ci,巻積雲Cc,巻層雲Cs,高積雲Ac,高層雲As,層積雲Sc,層雲St,乱層雲Ns,積雲Cu,積乱雲Cb。
→関連項目下層雲中層雲夜光雲

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「十種雲形」の解説

十種雲形
じっしゅうんけい
ten typical forms of clouds

雲形を 10類の基本形に分類し,さらに種,変種のほかに副変種(部分的に特徴ある雲と付随して現れる雲)として分類を細分化したもの。十種雲級ともいう。雲の形は 1803年イギリスのリューク・ハワードによって分類され,1896年それをもとにして 10種類の雲の基本形がつくられた。今日使われている分類は,世界気象機関 WMOの 1956年版の国際雲級帳に従っている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「十種雲形」の解説

じっしゅ‐くもがた【十種雲形】

〘名〙 雲の形を一〇種類の基本形に分けたもの。国際的にも一九世紀末以来用いられているものは、巻雲、巻積雲、巻層雲、高積雲、高層雲、層積雲、層雲、乱層雲、積雲、積乱雲の一〇種。雲級。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「十種雲形」の解説

じっしゅ‐くもがた【十種雲形】

雲級」に同じ。じっしゅうんけい。

じっしゅ‐うんけい【十種雲形】

雲級」に同じ。じっしゅくもがた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android