コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

巻層雲 けんそううんcirrostratus

翻訳|cirrostratus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

巻層雲
けんそううん
cirrostratus

上層に属し,白色のベールのような毛状の雲。略号 Cs。氷晶からなり通常 5~13kmの高さに現れるが,極地方では 3~8km,熱帯地方では 6~18kmに現れる。陰影はなく全天を覆うことが多い。日の,月の暈を生じ,一両日中に天気が崩れることが多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

けんそう‐うん【巻層雲/絹層雲】

十種雲形雲級)の一。薄いベール状の白い雲。氷晶の集まりで、ふつう5~13キロの高さに現れる。太陽や月にかかると暈(かさ)を生じることが多い。略号はCs。薄雲。→雲級

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

巻層雲【けんそううん】

絹層雲とも書く。上層雲の一つで,透き通った白いベール状の雲。氷晶からなり,太陽や月にかかる(かさ)が現れることが多い。通常5000〜1万3000mの高さに現れる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

巻層雲
けんそううん
cirrostratus

記号Cs。対流圏上部(日本付近では高度5~13キロメートル)に発生するベールのような薄い雲。空の半分、または一面に広がることがある。おもに氷晶からできているが、過冷却水滴が含まれていることもある。このため、飛行機が巻層雲の中を通過すると着氷が生じることがある。
 巻層雲は注意して見ると筋が見えることもあるが、薄い場合には雲が見えない。しかし、ハローhalo(太陽や月の暈(かさ)、幻日、幻月などの光学現象)が見られるので、巻層雲の存在がわかる。巻層雲は温暖前線面に沿って発生することが多い。「日暈(ひがさ)、月暈は雨の兆し」といわれるように、天気が崩れる前兆とされるのはこのためである。繊維のような形が見える毛状巻層雲と、ベールのような感じの霧状巻層雲に分類されている。なお、気象庁は1964年(昭和39)、「巻」は「けん」とは読まないとした当用漢字音訓表にあわせるため表記を「絹層雲」に改めた。しかしその後、1981年に制定された常用漢字表では「巻」を「けん」と読むことが認められたため、88年4月1日に従来の表記に戻された。[木村龍治]
『高橋健司著『Cloud――造形美の競演』(1998・誠文堂新光社) ▽山田圭一撮影『雲の四季』(1999・白水社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

巻層雲の関連キーワード薄曇り・薄曇空(そら)天気俚諺気象観測十種雲形飛行機雲夜光雲層状雲豊旗雲氷晶雲巻積雲波状雲絹層雲巻雲幻日台風曇り旗雲彩雲薄曇