コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

十種香・十炷香 じしゅこう

大辞林 第三版の解説

じしゅこう【十種香・十炷香】

〔「じしゅごう」とも〕
組香の一。三種を三包ずつ、一種を一包の計一〇包の香木を順不同にたき、その香りを聞き分けるもの。
香の名。栴檀せんだん・沈水じんすい・蘇合そごう・薫陸くんろく・鬱金うこん・青木しようもく・白膠はつこう・零陵・甘松・鶏舌の10種。

じっしゅこう【十種香・十炷香】

〔「じっしゅごう」とも〕
じしゅこう(十種香)」に同じ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

十種香・十炷香の関連キーワード十種香順不同香木一包組香

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android