かんしょう

精選版 日本国語大辞典の解説

かん‐しょう ‥シャウ【寒

〘名〙
① セミの一種。ひぐらし。寒蝉(かんせん)
※山陽詩鈔(1833)四・途上「寒喞々雑鳴哇、村駅秋風馬影斜」 〔爾雅疏‐釈虫〕
② 秋から冬にかけて鳴く虫。コオロギの類。
※洒落本・異素六帖(1757)「愁聴寒(カンシャウ)涙湿衣〈略〉寒(カンシャウ)はきりぎりす也」 〔謝恵連‐擣衣詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

かんしょうの関連情報